知らないと損するワイルドジャングルカジノの評判

獲得賞金アジア新記録で話題のオンラインカジノ
「ワイルドジャングルカジノ」の評判を集めました!

オンラインカジノの払い戻し金も課税対象

ギャンブルの種類によっては納税しなければいけないもの、またはそうでないものがあるのをご存知でしょうか。

例えば、日本で実施されている宝くじの類は購入すると同時にその40%を税金として支払っているため、もし当選した場合には当選金額がいくらであっても二重課税となってしまうことから非課税となります。
一方、外国で実施されている高配当の宝くじの場合ですと、日本の政府に関わりがあるものではありませんので、当選した場合は税金を納める必要がでてきます。
この例と同様なのがオンラインカジノと呼ばれているインターネット上に存在する仮想的なカジノで、実際にお金をかけて遊ぶことができますので、場合によっては払い戻し金を得ることができます。
ですが、これもまた所得となるために税金を納める必要がでてくるということになります。

オンラインカジノにおける納税の注意点

オンラインカジノだけでなくギャンブルで得た所得は、一時所得として確定申告を行い納税しなければいけません。

一時所得の算出方法としては、ギャンブルで発生した収入から、その収入を得るために必要となった支出と、一時所得の特別控除額である50万円を差し引き、更に2で割った額が基本的な課税額となります。
このうち注意しなければいけないのが支出にまつわる事柄で、あくまで収入を得るために必要となった金額という点に注目して下さい。

つまりオンラインカジノで払い戻し金が発生した場合に、実際にその金額を得るのに使ったお金となるのは直前のチップ購入代金くらいであるということになります。
例えその前日や払い戻し金を得たあとで大金を注ぎ込む、いわゆる負けた状態になったとしても、払い戻し金に関わる課税額が減ることはありません。
つまりはトータルとして考えることができないという点には注意する必要があると言えるでしょう。

高額配当の節税対策

しかしなるべくならば税金は抑えたいと考えるのが自然と言えるかもしれません。
いわゆる節税と呼ばれるテクニックですが、オンラインカジノで活用することができる節税のテクニックとして、パーペチュアル・トラベラーと呼ばれるものがあるようです。

これはどういったものかというと、定住する国を持たないことからパーマネント・トラベラーと呼ばれることもあり、多くの国では一定期間定住することによって税金が発生するものや、または住居を構えていたり収入度合いに応じて、というところがごく一般的となっています。
オンラインカジノの場合ですと、余程の高額配当を得なければ実践することは難しいといえますが、ジャックポットなど億単位のお金が入る可能性があることを考えると、選択肢の一つとして知っておくといいのではないでしょうか。

公式サイトはこちらから